トップ

病院の学びを得たい

病院のキホンを知ろう

認定病院の意義と価値

病院の機能評価というのは、第三者である評価調査者 と呼ばれるサーベイヤーが中立・公平な立場から、所定の評価項目により評価するものです。この評価は専門の公益財団法人の機構が行っているのですが、一定の水準を満たしていると「認定病院」となります。すでに全国で約3割が認定されています。認定されるとパンフレットなどの広報活動に認定マークを使うことができます。この制度は医療の質を向上させることが目的です。サーベイヤーは医療の知識や経験も豊富な人しかなれないので、認定を受けているかどうかは大事な判断基準になります。

病院の機能評価について

病院の機能評価というのは医療の質と向上を目的に一定の基準に基づいて中立の立場から医療機関を評価したもので、財団法人日本医療評価機構が実施しています。その方法は書面審査の後に専門の調査員が複数で訪問審査をします。その結果、一定の水準を満たしているとされたのが「認定病院」となります。そこはより良い医療をめざして成長し続ける医療機関であると言えます。すでに全国で約3割の医療機関が認定されていて院内には認定証が飾ってありますので、日本全国にたくさんある中から医療機関を選ぶ際には参考にすると良いでしょう。

新着情報

↑PAGE TOP